HOME >> 歯科インプラント教室 >> 素晴らしい技術をインプラントの名医でも実践していきたい・

素晴らしい技術をインプラントの名医でも実践していきたい・

img06

 

治療でインプラントなどの機械的を捻じ込んでいるのが

緩んでしまえば、インプラントはガタガタ振動してしまいます。

 

そうなってしまうと、顎の骨はインプラントの周囲から

みるみる溶けて失われてしますのです。

 

あごの骨がインプラントがある事で、

とても困った事に顎をグリグリされてしまい、

骨が溶けてなくなってしまうと言う現象に陥ってしまうのです。

 

それを単純に言うのであれば、顎を地面に棒を

刺してグリグリと動かしてしまったた、

すり鉢のようにその土が掘れて穴が開くのを

想像することが出来ると思います。

 

それと全く同じ状況になってしまうのです。

 

なので、インプラント 名医 東京でもそうだが、

即時荷重や即時負荷インプラント治療とは、

上手く行けば本当に素晴らしい成果を導くのですが、

 

それを失敗すると、本当にとんでもない事態に

成ってしまう、といういわば、触れれば良く切れる

刃物といわれような、危険と背中合わせの

すこし危険な治療方法なのです。


矯正歯科・インプラント教室 歯医者が説明します!へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。