HOME >> 歯科インプラント教室 >> ブリッチの違和感を成城学園 歯科では危険視・

ブリッチの違和感を成城学園 歯科では危険視・

img08

 

治療で入れてもらった歯のブリッジがまったく

合わないというような場合もあるものなのでしょうか。

 

時々尖っているところが合ったり、もしくは

で歯のっぱっているところが時々あって、

患者さんのほっぺたや舌にちくちくと当たる場合もありますが、

それは削って解消できます。

 

もしくは、歯の隙間が空いていて、歯にものがたくさん

間に入ってしまうのでしょうか。

 

 そういった場合でも、歯の高さが高くても

噛み合わせがしっくりいかない場合もあるあとは

思いますが、それも調節で違和感をなくすことが出来るのです。

 

実際に成城学園 歯科などでは、ブリッジが

合わないという結論を出すまえに、まずは

歯の今のブリッジをしっかりと調整することを

皆さんにお薦めような形を調整すれば、

歯科でもそうなのですがほとんどの場合は

違和感はまったく無くなると思います。

 

それから、それでもどうしても歯の状態が

難しいような場合では、つめものとして

ブリッジを歯医者で作り直してつけることも

いいのではないでしょうか。

 

ですが、実は保険の決まりがあって、

一回ブリッジを保険で作成したら、2年は

作り直しが難しいしできないというルールになっているのです。


矯正歯科・インプラント教室 歯医者が説明します!へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。