HOME >> 歯科インプラント教室 >> 治療の鍵は矯正歯科のなかにある・

治療の鍵は矯正歯科のなかにある・

img09

 

実際には、今までもこれからも即時のインプラントの

治療は未だに、実はかなり応用的な歯の治療であり、

実は骨とか歯茎の条件にとても恵まれているような

患者さんでないとまったく出来ない、と実は解説されています。

 

確かにこれからもこの説明には本当に一理あり、

全く骨がないような患者さんには世界中のどんな

インプラント名医でも、勿論成城 インプラントでも

即時のインプラントは行なうことはできないものなのです。

 

しかしながら、この骨がないのか、本当にどうなのかどうかの

判定基準、さらには歯科用CTを読んで患者さんの

骨の分布を実に正確に知る事がとてもじつは重要であり、

 

そこにしっかりとピンポイントで患者さんのアゴに

インプラントの植立出来るのなら、即時のインプラントは出来るのです。

 

そこに、喜多見の矯正歯科おおくの歯科医院が

主張しているといわれる即時のインプラントの鍵があるのです。


矯正歯科・インプラント教室 歯医者が説明します!へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。