HOME >> 歯科インプラント教室 >> 歯にフッ素を塗るのは歯がない状態から喜多見 歯科の歯医者で意識・

歯にフッ素を塗るのは歯がない状態から喜多見 歯科の歯医者で意識・

img09

 

歯にフッ素を塗る時期とは、いつ語呂がいいのでしょうか。

 

だいたい、二歳くらいから、約4ヶ月おきに塗るのがおすすめなのです。

 

そういったその理由は?一つ目は、平均2歳半で乳歯が

全てお口の中で生えて来る。

 

次に、生えたての奥歯が歯がない状態を防ぐために

虫歯になりやすい時期なので、防ぐ作用があるので。

 

そして、かみ合わせをしっかりとチェックする。

 

そのさい、お母さんの仕上げ磨きの確認するため、

そして、虫歯になりにくいような歯がないお口にならないような

飲食の仕方をお伝えするためなのです。

 

次に歯並びが気になる方が多いとは

思いますが、喜多見の有名な歯科のいい歯医者の矯正を

いつはじめるたらいいのか気になりますよね。

 

そういったことは、フッ素を塗りに来た方の大半が、

この歯がない状態の危機感からか、質問をしていかれます。

気になりますよね。大体お子様の歯並び。

 

特に歯の重要なチェック時期は大きく分けて大体、二歳~三歳。

 

次に七歳くらい。これらの以上の時期が特に大切なのですが、

お口にフッ素をぬる度に歯の噛み合わせをチェックするのが実は一番ベストですね。


矯正歯科・インプラント教室 歯医者が説明します!へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。