HOME >> 歯科インプラント教室 >> いままでもこれからも祖師ヶ谷大蔵 歯科 歯医者科では保険・

いままでもこれからも祖師ヶ谷大蔵 歯科 歯医者科では保険・

img27

 

矯正治療に向けてマウスピース矯正の第1期治療とは、

いわゆる乳歯が残っている患者様に対しての矯正治療の方法。

 

実は、まだ乳歯が残っている方でもマウスピース矯正向けて

治療をおこなうことができます。

 

本格的な歯の矯正治療が始まる前の準備的な歯の矯正治療です。

 

早期治療とも実は言われているもので、患者さんの永久歯に

生え替わる前にマウスピース矯正などの矯正が難しいので、

患者さんの顎を広げたり、さらには患者さんの顎の成長発育を

しっかりと利用したりして、顎の歪みを修整出来るように治療していきます。

 

そして、患者産の顎を広げることによって、実はほとんどの症例で

患者さんの歯を抜かなくても良くなることが多いのです。

 

またこれから患者さんの歯が生えてくる時には永久歯の場所を

しっかりと確保することによって、マウスピース矯正に移っても

スムーズに矯正治療を行っていくというよりは、

「歯を正しい位置に誘導すること」が祖師ヶ谷大蔵にある人気の歯科で歯医者さんでも

しっかり経過を見ていくことが重要なのです。

 

 


矯正歯科・インプラント教室 歯医者が説明します!へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。